生活のアイデア

太陽光発電に投資する前に考えるメリットとデメリット

 

家を新築するなどのマイホームの転換期に際し、太陽光発電を取り入れるかどうか…これは家を所有するものなら一度は考えたことがあるのではないかと思います。

 

太陽光発電といえば電気代が実質ゼロになるだけではなく、電気会社に売電することもでき、お得だということをご存知のかたもあるのではないでしょうか。

 

しかし、それならばもっと身近に取り入れられても良いと感じるものの、意外と実用化しているのを目にする機会は少ないと感じます。

 

そこには太陽光発電が、実際にはどんなものなのかよくわからないといったことがあげられます。そこで今回はこの広くは知られていない太陽光発電について解説をしていきます。

 

太陽光発電・売電の仕組みや相場をわかりやすく解説!

建売住宅のソーラーパネル

太陽光発電において発電された電気が余った場合、これを電気会社との接続により自動的に送られるという仕組みです。

 

この売電の相場価格というと実は2009年に48円/kWhだったものが、現在の2019年では24円/kWhと半分に下がっています。

 

しかし、これから太陽光発電の導入を考えている家庭には、売電価格が下がっているのはデメリットではなくメリットなのです。

 

なぜなら固定価格買取制度(FIT制度)が定める売電価格は、原則として「設置者が初期費用(設置費用など)を回収できること」であり、そのため太陽光発電の初期設置費用も下がるからです。

 

太陽光発電にはソーラーパネルや蓄電池といった初期投資が必要になりますが、今まではこの額が高いと太陽光発電を断念した家庭もあるかもしれません。

 

ということは、初期費用が底値の今が太陽光発電に切り替えるチャンスだと言えるのです。

 

太陽光発電に投資しても元は取れるか?リスクや失敗はどの程度?

節電意識と計算機

FIT制度により原則として初期投資費用を回収できるように固定価格買取制度が定められているため、経済的メリットは通常では設置費用の同等以上は望めると考えられているようです。

 

しかしデメリットとして、強度の高いソーラーパネルでも稀に台風の飛び石で破損するといったリスクや、鳥の糞などの獣害、設置時の雑な施工による雨漏り被害にあうということも、全くありえない話ではありません。

 

心配な人は、保険や業者のアフターフォローについてもきちんと調べておく必要があるでしょう。

 

まとめ

まずは見積もりを依頼し、設置費用の比較から、信頼のおける業者探しまでを入念に行うことが、失敗せずメリットを大きくするコツです。

 

見積もりの際に晴れの日ばかりであったりしないか…といったことを、チェックしていくのもその一つ。この機会に大切な家庭の電気について改めて考えてみることにしましょう。

-生活のアイデア

Copyright© べんりーいんぺんゆう , 2023 All Rights Reserved.