生活のアイデア

東京で一人暮らしを始める初期費用は最低これぐらいかかる!

 

大学へ行く為や仕事の為に東京へ出て行く人が毎年何万人もいます。

東京は日本の中心都市ですし、憧れはありますよね?

 

そんな東京で一人暮らしを始めるのに、大体いくらぐらいかかるのか分かりますか?

物価の高い東京ですので、それなりにはかかるだろうけど、いくらが相場なのかは分からないでしょう。

 

ここでは東京で一人暮らしする為の初期費用はどれぐらいか、また、相場はどれくらいかについて紹介していきます。

 

東京で一人暮らしの初期費用は高い!家賃の相場・平均は!?

不動産業者

東京で一人暮らしの初期費用はやはり高いです!

東京全体の家賃平均は一人暮らしでワンルームと想定すると約7万円となっています。

 

全国平均がワンルームで4~5万円ですので、約3万近く高いですね。

東京全体で約7万円ですが、安いところだと4万円台、人気のエリアだと10万近い家賃のところもありますね。

 

今回は平均の家賃7万円だと仮定します。以下が内訳になります。

敷金14万円

礼金7万円

仲介手数料7万円

前家賃7万円

鍵の交換費用1万6千円

火災保険2万円

これで合計38万6千円です。

 

これに引越しの費用も加わります。

 

荷物の量や、運ぶ距離、時期等もありますので、約10万はかかると見込んだとして合計48万6千円が最低でも初期費用としてかかります。

 

これはあくまで敷金礼金がある物件ですが、中には敷金礼金がない物件があるので、初期費用をもっと少なくしたいのであれば、そちらを検討すると良いでしょう。

 

一人暮らしの初期費用は物件だけじゃない!生活必需品も計算しよう!

ワンルームの部屋

荷物を運んだだけで引越しが完了ではありません。

そこで生活をしていくのですから生活必需品を揃える必要があります。

では、何を揃えれば良いのか。

 

1、家電

まず必要なのが家電ですね。最低限必要な家電を揃える必要があります。

・冷蔵庫 3万円

・洗濯機 2万円

・電子レンジ 1万円

 

2、家具

・ベッド 2万円

・テーブル 3千円

・カーテン 5千円

 

3、日用雑貨

・消耗品等 3万円

 

合計11万8千円。

 

最低限の物を買い揃えるだけでもこれぐらいはかかります。

自宅から持ってこられるのがあれば持ってくるようにし、少しでも費用を抑えると良いでしょう。

 

今では引越し用の家具、家電一式セットもありますので、そちらの方が安ければ検討してみるのもアリです。

 

まとめ

引越し費用と生活必需品を合わせると、最低でも60万4千円程かかりますので、かなり高額になるかもしれません。

 

引越し費用を浮かしたり、生活必需品もある程度持っていくようにし、少しでも費用を軽くする事が大事です。

-生活のアイデア

Copyright© べんりーいんぺんゆう , 2023 All Rights Reserved.